アクネ菌

ニキビができる原因はアクネ菌なので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、肌に直接触れてそのままにして洗わなかったりすると、他の人のニキビが自分にうつってしまう恐れがあります。
また、自分で自分のニキビを触って、顔の他の部分を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。特にニキビというものは再発のしやすい肌のトラブルだとよく言います。治癒したからといって暴飲暴食などの不摂生をしていると、またすぐに再発します。
ニキビができないよう予防するには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食生活をせず、睡眠をしっかりと取る事が大切なこととなります。私のニキビケア方法は、どれほど眠くてもメイクは絶対にとって就寝することです。
メイクアップすることにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に休息を与えたいのです。
メイク落としにも気を配っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど多種多様なものを試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。ヨーグルトはニキビにとっては良くないとのように言われたり、逆に良いと言われたりとしますが、こうした情報の真偽は明らかではございません。
特定の食品にこだわるのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を心がけるようにすれば、ニキビ予防へと繋がると私は思うのです。
色々試してもニキビが治らない際は、これまでのケアの仕方を変えて、どうしてニキビが繰り返されるのかという理由を知った上でのケアが必要不可欠になります。
ニキビが繰り返される理由としては、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、様々なことが原因として挙げられます。なぜニキビが繰り返されるのかをきちんと知り、根本的な治療を行っていきましょう。